生命保険に入らない人はなぜ?入らなくてもいいの?体験談と解決策




生命保険に入らない人もいますが、なぜなのか、入らなくても良いのかなと悩みますよね。

生命保険に入らない人はなぜ入らないのでしょうか。

入らなくてもいいなら月々の支払を抑えるためにも入らないという選択肢を選びますよね。

そこで生命保険に入らない人はなぜなのか、入らなくてもよいのか、体験談と解決策をお送りします。

生命保険に入らない人はなぜ?体験談1

質問

生命保険に入らない人もいますよね。

生命保険には入らないほうがいいと言う人もいますがなぜですか?

回答

もしあなたが独身なら生命保険に入らない人であっても問題ないでしょう。
誰にお金を残すのかです。
生命保険を親に残したいのなら入ればいいと思いますが・・・。

医療保険ですが都道府県にある共済(県民共済や府民共済)の総合保障型毎月1000円や2000円コースや入院保障型毎月2000円コースがよいです。
総合保障型毎月2000円コースなら病気で死亡したら400万円支払われるので生命保険にもなりますよ。

保険に加入する際は保険会社の話を3カ所以上は回ってみてください。

同じような保険でも随分説明が違うなあ、と思うと思います。

生命保険に入らないほうがお得じゃない?体験談2

質問

生命保険の払込み金額をよくよく計算してみると、かなり多いですよね。

生命保険に入らずに、貯金していた方がいいような気がしてきました。

同じように考えて、入らない人も多いですよね?

回答

まかなえるほど貯金があれば良いと思います。

やはり後からじゃ遅いので保険には加入しておいた方が良いです。

掛け捨てじゃなくしっかり積み立てできて安価なものも最近出てきてるし、
色々相談してみるのも良いですよ。
ファイナンシャルプランナーに聞くのが1番です。

生命保険に入らない人が居るけど必要性は?体験談3

質問

民間の生命保険や医療保険って、入る必要性はあるのでしょうか。
周りの人がみんな高いお金を払って(月々1万円とか)いるのですが、入らない人もいるので必要性が知りたいです。

回答

その人の懐事情にもよりますね。
病気になっても困らないだけの十分な貯金がある人は生命保険に入る必要はないですよね。

また、亡くなっても、残された家族がいたり生活に困るようなことがない人にとっては生命保険は不要となります。

一方で、大抵の方の場合、貯金はあるけど病気になったら治療費や生活費など苦しくなりそうだと思います。

そもそもせっかく貯めた貯金を減らしたくないという人が多いです。
そのため、医療保険やがん保険に入るのです。

保険に入る人は、何らかの将来の不安を感じている人です。
ところがうちの親もそうですが、そういった不安を感じない人もいるので、そういった人は生命保険に入らない人となります。
「自分が死んだときはなるようになるさ」
「お金がなかったら治療なんかせずに死なせてくれたらいい」
こういった考えの人は、今だけを見て生きているので保険の必要性を感じないのでしょう。

不安を感じていないのなら、生命保険に入らない人となっても問題ありません。

 

貯金があったり亡くなった時に周囲の人に迷惑をかけることがないなら、生命保険に入らないという選択肢もありですね。